「瀧本ゼミ企業分析パート」ゼミ生インタビュー!

ゼミ生に「瀧本ゼミ企業分析パート」の魅力だったり、参加して得られたことを伺ってみました!

■ゼミの入ゼミ案内はこちらから。
■2017年度春新歓説明会参加はこちらから。
Twitter
Facebook

DSCF0476
伊藤 謙さん 東京工業大学 工学部社会工学科 2年(インタビュー当時)


  今回のインタビューでは、現在大学2年生の伊藤さんに大学1年時に入った瀧本ゼミでの活動を振り返って頂きました。初めての大学生活、瀧本ゼミにはどのような魅力があったのでしょうか、また不安はなかったのでしょうか....。

Q1 瀧本ゼミに入ったきっかけは?

  僕は東京工業大学の社会工学科というところに在籍しており、当学科はいくつかの専攻分野があるのですが僕は都市計画、まちづくりに関して学んでいます。製図の授業があったりと半分は建築学科と同じようなことをしています。
     そんな僕が瀧本ゼミを知ったのは僕が住んでいる寮の先輩で、瀧本ゼミ1期生の方の紹介でした。元々身の回りの企業に対して興味があり、その内情やつながりについて知りたいと話していたときにこういうゼミがあるよ、と紹介して頂いたのがきっかけです。


Q2 1年生として瀧本ゼミに入って不安はありませんでしたか?
 

 はじめのうちは多くの不安はありました。特に心配だったことは企業分析する上で必要不可欠な財務諸表の読み取り方や経済専門用語などの理解を主とした知識の不足です。本を読み、それぞれの単語の定義をひとつひとつ調べていった日々が強く印象に残っています。そんな知識不足の僕にも瀧本ゼミには入ると同時にメンターがついてくださり、企業の選び方から分析の手順を一から教えてもらえました
  はじめのうちは、どこからデータをもってこればいいのか、企業のこの開示データが具体的にどういった意味を持っているのかなど、単純な疑問を繰り返し聞いていましたがそれら一つ一つをメンターの方が例を挙げるなど具体性を持たせて教えていただき、企業分析に必要な能力の向上を支えていただけました。また、メンター以外の方からも年下の私に対して企業分析や資料作成に関して多くのアドバイスをして頂き非常にリサーチを進めやすい環境が整っていました。今ではゼミ生の前でのプレゼン時、あらゆる質問に対して経済用語も交えながらほぼ対等に受け答えができるところまでは成長できたと思います。

 

Q3 どんな事を学べましたか?
 

 学んだことは非常に多いですがその中でも特に実感が持てるのは物事を単に鵜呑みにしなくなった点ですね。例えばある企業が年々現金を増やしていき、これらの現金と、これまでの経営ノウハウを利用して他地域に店舗を拡大していきますと詠っていても実はその地域には既に別のプレイヤーがいてその会社よりも優れた経営をしているのでそれが実はうまくいくとは限らないなと思えることです(地図参照)。これは

スライド4
Google Mapを利用して見てみると一目瞭然です。
川の右側で青のマークが新しく出店した小売店。競合店舗が赤の矢印です。
 

Q4 早い時期(1年や、2年など)で瀧本ゼミに入るメリットは?
 

 一番大きな利点はそれぞれ異なるバックグラウンドを持っている方と共に活動していくなかで、自分が持っていない知識や考え方を多くの得ることができる点ですね。大学は高校までと比べてはるかに自らの意思決定で行動する機会が多くなります。そういった環境で、自分より2年、3年長く生活してきた人たちは非常に多彩なバックグラウンドを持っています。大学1年は各大学のシラバスからも読み取れるよう教養、つまり自分が進むであろう専門とは別の広い分野の知識を学び視野を広げるという傾向が強い時期だと思います。そういった中でより多くの経験を持った方々と共に活動し、知識や考え方を近くで学べるということはとても有意義であると思います。
  また、瀧本ゼミは全体でも30名弱で構成されているため、1年でも早い段階でゼミのコアメンバーとして活動でき、運営や各イベントのプロジェクトのコンテンツ作りに携わることができるというのも瀧本ゼミならではの魅力だと思います。

Q5 ひと言お願いします!
 

 僕のような投資知識がない理系の1年生でも、身近なものがどの会社で作られ、またどういった会社が競合なのかに興味があれば瀧本ゼミ生の素質があると思います。例えばこの信号だったりホームドアはどこが作っているのだろう、この化粧品、似たような物を別の会社も出していたなぁなど…
  そういった疑問を深くリサーチしていくことによって得られた知識や考え方は今後自分の専門にも通じるものがあると思います。企業分析に興味があり、また人前でうまく自分の分析内容をプレゼンしたいという意欲のある方に是非来て頂きたいと思います。



【他のゼミ生記事のご紹介】
■「リケジョに聞く! 瀧本ゼミの魅力とは?」はこちらから

■「OVAL元副代表に聞く! 瀧本ゼミの魅力とは?」はこちらから
■「医学部生の『枠』を超えて」はこちらから
■「なぜ東大水泳部主将は先回り思考を重視するのか」はこちらから
■「瀧本ゼミで学んだ意思決定とは」はこちらから
■「演劇役者が瀧本ゼミに飛び込んだ理由とは」はこちらから
■「没頭力を持つ体育会系こそ瀧本ゼミへ」はこちらから

■「2つの説得ゲーム ディベートと企業分析」はこちらから


【瀧本ゼミ新歓情報】
選考内容、説明会日程情報こちらから

 

石橋由基画像
石橋 由基さん 慶應義塾大学医学部4年(インタビュー当時)

  普段医学部で学びながら、瀧本ゼミの企業分析と政策分析の両パートに加えて体育会のスキー部でも精力的に活動する石橋さん。また、ディベートにも興味を持ち、昨年の大会では初ディベートから約3ヶ月という短い期間で準優勝するという持ち前のポテンシャルを発揮されました。
  医学部を敢えて超え、全く未知のコミュニティである瀧本ゼミに飛び込んで見つけた魅力などについて語って頂きました。

Q1: どうして瀧本ゼミに入ろうと思ったのですか?
  自分の場合はたまたま知り合いに誘われたからです。意識が高かったとか、投資とか政策に興味があったとかではなくて、賢い人が集まって何かやってるのが、面白そうだなぁと思って取り敢えず参加することにしました。

Q2:医学部生として瀧本ゼミに入るメリットは?
  他分野の視点を入れられる点ですね。ともすれば医療系学部は閉鎖的になりがちですが、実は他分野の知恵を活かせる部分は沢山あります。例えば、行動経済学は検診などの参加率を上げる為に、予防医療に利用されます。他にも、研究に対するリソースの配分という点ではリスクリターン、投資の観点は非常に大切です。
  これ程、バックグラウンドがバラバラで尚且つメンバーがどん欲な場所を僕はここ以外に知りません。広い分野で自分を鍛えたい人には良い環境だと思います。

Q3:瀧本ゼミに入って得られた事はなんですか?
  沢山ありますが、一番は他の分野に対するネットワーキングや知恵へのアクセスでしょうか。様々な企業に経営戦略のアドバイスを行うコンサルティングファームは違う分野の観点や知恵を他の会社に移植する事で価値を生み出しています。実は全く同じ事が、様々な分野の出身者がそれぞれの強みを発揮しているこのゼミにも言えると思います。
  私の属する医療という分野は一見、他分野との繋がりは薄いように見えますが、閉じているが故に、外部の知恵がある事は逆に明確な競合優位性になります。実際に自分が医学部の中で動かしたプロジェクトでは他の分野の知恵が活きる場面が多く、強みになりました。

Q4:瀧本ゼミの魅力を教えてください!
  ベンチマーク(水準点)が良いことでしょうね。人間は良くも悪くも環境に影響される生き物です。自分が何かに取り組む時に、参考になるレベルの高い仲間がいる事は、良い成果を出したいなら必要な事になるでしょう。
  その点で瀧本ゼミでのベンチマークが良い事は私が保証します。ゼミを主催して下さる瀧本先生は様々な分野に明るく、視野の広い方ですし、その下で学ぶゼミ生も貪欲で、粒ぞろいです。特に今の環境に不満を抱いていて、ストイックな環境に身を置きたい人にとってはこのゼミは魅力的な場を提供してくれると思います。

Q5:一言お願いします。
  起きている現象の本質を知りたいと思っている人に是非来て欲しいです。これはチラシのコンセプトにもなっていますが、「世の中の常識・皆が考えている事は本当なのか」というのはこのゼミの隠れたテーマの一つだからです。
  世界に対する見晴らしを良くしたい人にはワクワクする体験が待っている事を約束致します。
最初にも書いた通り、入った時僕は無知でしたし、文系知識も全くありませんでした。学ぶ意志さえあれば、理系医学系の皆さんでも入る敷居は非常に低いと思います。皆様のエントリーをお待ちしております。


【他のゼミ生記事のご紹介】
■「リケジョに聞く! 瀧本ゼミの魅力とは?」はこちらから

■「OVAL元副代表に聞く! 瀧本ゼミの魅力とは?」はこちらから
■「大学1年時、瀧本ゼミで学んだこと」はこちらから
■「なぜ東大水泳部主将は先回り思考を重視するのか」はこちらから
■「瀧本ゼミで学んだ意思決定とは」はこちらから
■「演劇役者が瀧本ゼミに飛び込んだ理由とは」はこちらから
■「没頭力を持つ体育会系こそ瀧本ゼミへ」はこちらから

■「2つの説得ゲーム ディベートと企業分析」はこちらから


【瀧本ゼミ新歓情報】
■選考内容、説明会日程情報はこちらから

おぐおぐ

小口 直紀さん 東京大学 経済学部金融学科4年(インタビュー当時)
 

  小口さんは、大学では「学生のための国際ビジネスコンテストOVAL」の元副実行委員長であり、チェスの世界大会出場また、帰国子女として中学をイギリスで過ごすなど多彩なバックグラウンドをお持ちな方です。
  そんな小口さんに、瀧本ゼミでの活動を振り返ってもらい、学部の授業やゼミでは得られない瀧本ゼミの魅力などを語って頂きました。


Q1: ビジネスコンテストと企業分析の一番の違いは?
  僕は元々日中韓の国際ビジネスコンテストを運営する団体「OVAL実行委員会」に所属していたのですが、OVALを2年の夏で卒業してからしばらくすると案外自由な時間も出来たので、何か新しい活動をしてみようかと思いました。
  OVALのときも瀧本先生に審査員としてお世話になっていたことや、その後実際にOVAL内外の知人がゼミに参加していたことから瀧本ゼミには前から親近感を持っていて、実際に活動を覗いてみたらとても面白そうに感じたので応募してみました。
  OVALも瀧本ゼミも特定の業界に注目し、綿密なリサーチに基づいて業界の構造や、それぞれのプレイヤーの特徴をつかむという点では共通しています。そこから「どこに勝機があるか?」と考えを巡らせ、その業界の中で勝ち続けられるようなビジネスモデルを作り上げるというのがビジネスコンテストです。一方、企業分析では既存の企業に注目する以上アイディアの幅という点では狭まるかもしれませんが、その企業が持っている技術、設備、ネットワークなど固有の経営資源に注目することで、これから伸びていく、あるいは不調なビジネスモデルを発見できるという特徴があります。
  例えば製造業も小売業も、高い技術水準や多くの設備などを要求するものなので、ビジネスコンテストのテーマにはなりにくいです。そういった業界でも企業を分析し(ときには企業が持っている特許も見ます)、その業界、ひいては世の中全体の構造に迫れるというのが瀧本ゼミならではの魅力です。

Q2:瀧本ゼミの魅力は?
  僕は今経済学部にいますが、他のゼミ生とは違い国際金融、金融政策などのマクロ経済寄りを中心に勉強しています。同じ経済を学ぶにしても、瀧本ゼミでは1つの製品、1つの店舗といったミクロの情報に注目し、別の観点から世の中の流れが見えてくるのが魅力的です。
  例えば、「企業は自分の製品の価格を自由に上げ下げできるか?」というのは、マクロ経済学の大きなトピックの一つです。学問であったら消費者の需要、予想インフレ率などなどを式に組み込んで検証するのがひとつの手だと思います。一方株式市場では去年、乳酸菌飲料でおなじみのヤクルトが実に22年ぶりに値上げしたことが大きな話題となりました。この決断は会社の収益を改善させるのか? あるいは需要の減少のほうが大きいのか? 今回の場合は会社が値上げを発表した翌日に株価が大きく値上がりし、市場には好感をもって迎えられたようです。
  同じトピックでも、異なる視点から分析してみると理解も深まるし、面白いと思いませんか?

1141319914066
(大きく値上がりする株価)


Q3:瀧本ゼミに入って得られた事はなんですか?
  上記の「別の観点から世の中の流れが見えてくる」ことの他に、「自分の考えをいかに相手に伝えるか」が鍛えられると思います。良い発表を作るには、企業選定のセンス、分析の深さ、プレゼンスキルの3点が必要になり、自分の企業への想いをいかに先生やゼミ生に伝えるかという総合力が問われます。とりあえず最低限の体裁を整えれば発表としてまとまるというゼミや勉強会もありますが、瀧本ゼミでは徹頭徹尾、発表する側と見る側の双方向の議論を大事にしています。
  追及を受けるあまり発表者のスライドが途中から進まなくなるということもありますが、それだけこちらの伝えたいことに対して向こうから手応えがあり、発表をいい形で終えられた時の充実感はひとしおです。


Q4:一言お願いします。
  僕の場合は学部での勉強、ビジネスコンテスト、そして企業分析と、大学で携わってきたものを「経済系」としてくくるのは簡単ですが、それぞれ学ぶ対象や頭の使い方が大きく異なり、同じことを4年間やり続けてきたとは全く思っていません。
  なので、今は大学や課外活動での勉強に熱中しているという方も、逆に「経済」とか「ビジネス」と聞くとなんとなく拒否反応を示してしまう方も、一度活動を覗きに来ると見方が変わるかもしれません
  他の方々も語ってくれているように、瀧本ゼミを通じて得られるものは自分の置かれている環境、やってみたいことにもよりますし、枚挙にいとまがありません。ただしどれだけ多くのものを得られるかは、自分が費やす労力に強く依存していると思います。
  ゼミに全力投球し、2期生を追い抜く勢いで力を付けていってくれる後輩たちがやってくることを楽しみにしています!


【他のゼミ生記事のご紹介】
■「リケジョに聞く! 瀧本ゼミの魅力とは?」はこちらから

■「医学部生の『枠』を超えて」はこちらから
■「大学1年時、瀧本ゼミで学んだこと」はこちらから
■「なぜ東大水泳部主将は先回り思考を重視するのか」はこちらから
■「瀧本ゼミで学んだ意思決定とは」はこちらから
■「演劇役者が瀧本ゼミに飛び込んだ理由とは」はこちらから
■「没頭力を持つ体育会系こそ瀧本ゼミへ」はこちらから

■「2つの説得ゲーム ディベートと企業分析」はこちらから


【瀧本ゼミ新歓情報】
■選考内容、説明会日程情報はこちらから

 

S__15540226

園田 碧さん 神戸大学大学院 農学研究科1年(インタビュー当時)


  仮説と論理で相手を論駁する瀧本ゼミに憧れて

どうして瀧本ゼミに入ろうと思ったのですか?

-園田
所属も学歴も容姿も性別も家庭環境も違う人たちと、そういったものを無視して、発表者が作ってきた仮説と論理を使い自由に発言して相手の論理の穴を詰めまくるという空間が他にはないもので(少し怖いけどw)とってもおもしろかったからです(笑)
 
  瀧本ゼミは”銘柄を選び仮説を立てて検証し、相手を説得するゲーム”

瀧本ゼミに入るメリットはどんなところですか?

 
-園田
銘柄を選び、(株価があがる/さがるという)仮説をたてて検証し、相手を説得する”というゲームなので、仮説検証や論理力、意思決定能力等が楽しみながら学べるところです(笑)。

また、成果物に対して正当な評価を下してくれる空間で論理を組み立てて毎週議論できるところは
他にはないメリットです。
自分が何者だから、忙しいからなどの理由で評価が変わることはないので、理不尽な評価がないためにモチベーションを保ちやすく、ゲーム自体もお金が増えたりして楽しいので継続しやすいです。定期的に戦うことになるので、議論に慣れて強くなれるし、何かの大きいものに頼ってもどうにもならないこと、自分で勝負しないといけないことが理解でき、さらにそれに対する対策・実践もできるので社会に出る前にそういったことが出来るのはここにしかないメリットだと思います。

また、調べる業界によっては自分が知らない世界を見られることが多いので、楽しみながら教養が増えるという点もメリットだと思います。

特に、理系の方にとってのメリットは何でしょう?
 
 -園田
財務状況や金銭感覚のわかる理系人材ってまだ少数なので、差別化しやすく自分を売り込んで行くときに使えると思います。また、研究等で使うような仮説の検証・証明や議論を日常的にトレーニング出来るので、研究にも活かせます。

理系(研究職希望者)にとっては、就職先の企業の財務状況よって研究部署やテーマ、研究費の量等が変わってくると考えられるので、先に企業の財務状況を予想できる人になっておくことは重要です。(Ex.入社したら、本社の財務状況が悪くて自分が配属希望だった研究科がなくなるという話は普通に存在しますので…)瀧本ゼミでは実用レベルまでの企業分析を行っているため、企業の現状はもちろん今後どうなっていくのかを予測できることは他にはない大きなメリットだと思います。

女性にとってのメリットは何ですか?

 
-園田
リットと考えてもらえるのかわかりませんが(笑)、女性への特別扱いがないところだと思います。現在の女性の所属者数は男性より少ないですが、女性という理由で男性より大事に扱われるということはないです。評価は男女関係なく成果物で決まるので、謎の女子力磨きに走らずに自分の能力で勝負できるところはとても良いメリットです。

男女関係なく議論は活発に行われ、論理に飛躍があれば徹底的に詰められるので、性差を気にせずに戦えるため今後社会に出ても使えますし、そういった女性はまだ希少だと思うので市場価値を高められるというのは今後の自分の人生を考えるうえで大きなメリットだと思います。

  パフォーマンスを出せる人が一番!

瀧本ゼミに入って得られた事は何でしょうか?

 -園田
仮説を立てて検証し、論理を組み立てて、説得する力と、人の話や相手の立てた仮説や論理にどんな穴があるのか等を考えて見抜く力だと思います。

私の場合は、入って初めに行った発表での仮説や分析はたくさんの穴があって、ぼわーっとしたものでひどかったので、初期と現在を比べればレベルは低いもののそういう武器を手に入れることができたと思います。特に、初めてIRに電話をして取材をした時に、向こうに言われた話を鵜呑みにしすぎて、本当は業績厳しいのに、騙されて逆のことを考えていたというのは苦い思い出ですwそういう失敗を学生の間にして、そういったものと戦っていける力を手に入れてトレーニングが出来る場に身を置けたのは本当によかったです。
IRとは、会社の投資家への対応を任されている部署の事です。正確には 「investor relations」 と言います。
 
瀧本ゼミの魅力を教えてください!
 
 -園田
性別・年齢・所属等関係なく、パフォーマンスを出せる人が一番で、出なければゼミから退場させられるというルールが単純で厳しい
(編者注:東京、京都瀧本ゼミでは、半期ごとに、発表の評価が基準に満たないなどゼミへの貢献が不足しているゼミ生が強制退会(Fire)になる制度が存在し、全く油断できないシステムになっている。)
 
ゼミ志望者へ一言お願いします。
 
 -園田
所属していれば何か得られるという空間ではないため、通常のサークル等とは違い厳しいですが、自分から活動すれば無限に吸収できて様々な活動ができる貴重な場所です。お互いパフォーマンスレベルの低さにより退場させられないように頑張りましょう(笑)。東西ゼミ交流戦でお会い出来るのを楽しみにしています(*´・∀・)(・∀・`*)!

2014年4月21日


【他のゼミ生記事のご紹介】
■「OVAL元副代表に聞く! 瀧本ゼミの魅力とは?」はこちらから
■「医学部生の『枠』を超えて」はこちらから
■「大学1年時、瀧本ゼミで学んだこと」はこちらから
■「なぜ東大水泳部主将は先回り思考を重視するのか」はこちらから
■「瀧本ゼミで学んだ意思決定とは」はこちらから
■「演劇役者が瀧本ゼミに飛び込んだ理由とは」はこちらから
■「没頭力を持つ体育会系こそ瀧本ゼミへ」はこちらから

■「2つの説得ゲーム ディベートと企業分析」はこちらから


【瀧本ゼミ新歓情報】
■選考内容、説明会日程情報はこちらから

↑このページのトップヘ