岡口さん

岡口正也さん 東京大学 法学部4年

今回は、東大弁論部に所属し、2014年全日本大学ディベート選手権大会準優勝・ベストディベーター賞2016年春JDA準優勝、ディベートの世界で輝かしい実績を持つ、岡口さんにお話を伺いました。

  適切な努力を積み重ねた人間が勝つ
ディベートを始められたキッカケはなんですか?

-岡口
 もともと政策に興味がありました。ディベートは、外国人労働者の受け入れとか安楽死の合法化とか基本的に政府のアクションを議論することが多いので。

 

 ・ズバリ、ディベートの面白さとは? 

-岡口
 ディベートはリサーチ量がものをいう世界です。例えば、安楽死が論題だとして、、素人が、下手な医者に勝ってしまうことなんて、ざらにあります。だから、勝ちたい人間はたくさんリサーチをします。そして、時間をかけた分の成果が勝敗という形で現れる。適切な努力を積み重ねた人間が勝つ、そういうゲーム構造が非常に魅力的だと思います。


  多くの人間が気づいていないことに気付けるか
ディベートと瀧本ゼミの共通点はありますか?

-岡口

「世間の多くの人が気づいていないことに気づけるか」が勝敗を分ける、という点ですね。

 ディベートは、より深い分析ができたチームが勝つゲームです。例えば、外国人労働者を入れると犯罪が増えると言われますよね。しかし、データを見ると国内の外国人と日本人の犯罪率に差はないことが分かる。その一方、この数字にも裏があるかもしれない。ディベートではそうした分析を深めていくことが肝になります。

 

 一方で、瀧本ゼミでも実はこれと似たようなことをしています。投資判断では、一般の投資家が気付いていることだけを根拠にしていると、利益は生まれないからです。投資は美人投票だ、とはケインズの言葉ですよね。隠れた美人を見つけないといけない。

 

 例えば、地方で店舗を増やしてきた飲食店が今度は都心に出店計画を出しているとします。その企業は出店計画が成功し、売上は2倍になると言っている。でもよく見てみると、そのビジネスモデルは地方で成功しても、競争が激しい都心では失敗するかもしれない。都市と地方の消費者の趣向が違うかもしれない。本当に売上が2倍になるのか判断するために、事業計画の詳細はどうなっているか、過去の似たような事例はないか、出店予定地の競合の状況はどうなっているのかなどを徹底的にリサーチします。

 

 そうして他の投資家が気付いていない、企業の成長ストーリーを構築し、他の投資家を説得する。こう考えていると、表面的に全然違うことをしているようでも、「世間の多くの人が気づいていないことに気づけるか」という点では同じと思います。


  2つの説得ゲームの違い
ディベートと瀧本ゼミの違いはなんですか?

-岡口
 2つあります。

 1つ目は、勝ち負けの点です。ディベートはジャッジが勝敗をハッキリと下しますし、それが全てですが、企業分析はオーディエンスを説得できるか、とは別に、実際に株価の動きが追える。「どれぐらい合っていたか」「何を見逃したのか」が、株価から検証可能な訳です。

  2つ目は、情報の取り方の点で、ディベートは透明性・公平性への志向ゆえに、『公開された文字情報』しか証拠資料として使用できないという限界があります。一方で、企業分析は、文字ベースでは公開されていない情報を取る必要があります

  基本的に、企業は自分に都合のいいようにモノを言います。彼らは自社の株価を上げたいのだから当たり前です。格付け機関だって似たようなもので、完全に客観的・フェアではないし、数字に載らない実地のデータには弱い。

 だから僕たちは、実際に店舗に足を運んだり、SNSでの話題性を調べてみたり、競合のIR(投資家窓口)に問い合わせたりする。そういったアプローチ、「裏の取り方」は多くの学生にとって新鮮だと思います。

 
最後にゼミ志望者に向けて一言お願いします。

-岡口
 瀧本ゼミで身につくことは、一見投資でしか役に立たないことのように思えますが、そうではありません。隠れた示唆を見抜く力、「みんなはこう思っているけれど本当は違う」ことを見抜く能力。瀧本ゼミで培った情報への嗅覚は、研究しかり仕事しかり、人生のいろんな場面で応用できるものです。
 ですから、瀧本ゼミを単に「投資サークル」と考えている方には、見学会に行ってみたり、ゼミ生に直接会ったりすることをオススメします。


文責:岡部 
 

【他のゼミ生記事のご紹介】
■「リケジョに聞く! 瀧本ゼミの魅力とは?」はこちらから
■「OVAL元副代表に聞く! 瀧本ゼミの魅力とは?」はこちらから
■「医学部生の『枠』を超えて」はこちらから
■「大学1年時、瀧本ゼミで学んだこと」はこちらから
■「なぜ東大水泳部主将は先回り思考を重視するのか」はこちらから
■「瀧本ゼミで学んだ意思決定とは」はこちらから
■「演劇役者が瀧本ゼミに飛び込んだ理由とは」はこちらから
■「没頭力を持つ体育会系こそ瀧本ゼミへ」はこちらから


【瀧本ゼミ新歓情報】
■選考内容、説明会日程情報こちらから